半導体

サイトマップ

プラスチックやゴム製品を綺麗に型から分離するには離型剤が必須

機械

プラスチック製品もゴム製品も、ちまたには実に様々な形状・サイズのものがありますが、あのような製品をどうやって作るのか、詳細を知っている人はあまりいないかもしれません。ゴムもプラスチックも、もとはただの素材に過ぎず、形を与えて初めて、製品として何らかの機能を果たすようになります。素材としてのゴムやプラスチックに形を与える役割を果たすのは、主として金型と呼ばれる型ですが、型だけあれば成形が出来るかというと、そうではありません。金型は、離型剤と一緒に使って初めて、成形という作業を完遂できるのです。
離型剤は成分の違いによって様々な製品がありますが、ポピュラーなものとしては、フッ素コーティング剤を主成分とするものがあります。フッ素コートを施された物体は、その表面に他のものをくっつけなくなりますが、この特性を金型に利用することで、ゴムやプラスチックの製品を作りやすくするのです。離型剤がなければ、金型に粘着してなかなか剥がれないゴム・プラスチックも、離型剤を予め塗布しておけば、綺麗に分離してくれます。粘着したものに力を入れて剥がそうとすると、破損や型崩れの原因になります。離型剤はこれを防ぎ、ゴムやプラスチックに完全な形を与えることに貢献しているのです。

モノづくりの重要なサポート役を務める離型剤

モノづくりでは、非常に多くの物質が使われています。通常、注目されがちなのは、シリコンやゴムといった製品そのものの主成分です。実際、その製品の使い易さや耐久性は、素材の性質によるところが大きいです。しかし、製品は、特定の形を持っているから、求めれた役割を果たすことが出来ます。その形づくりのプロセスでサポート役として貢献している薬剤が、離型剤です。
離型剤という言葉を字面で解釈するだけでも、何らかの型から何かを離すための薬剤であると想像がつくでしょう。これは実際にその通りで、何らかの型というのは、金型というゴムやシリコンの成形で使用する型を指しています。また、離すについては、その金型から、成形物を離して取り出すことを意味しています。つまり、シリコンやゴムを金型に注入して成形した後、それを分離する働きをするものが、離型剤というわけです。
離型剤には、ワックス系、フッ素系など、いくつかよく使われるタイプのものがあります。それぞれ、主成分に基づいた名称で、フッ素系離型剤は、主成分がフッ素コーティング剤です。フッ素コートの非粘着性を製造作業に応用した離型剤で、現場での使い易さや、持続性、クリーンな作業が出来る等、様々なメリットゆえに現場でも人気です。

スリムなシリコンゴム製品も離型剤があれば綺麗に形造れる

最近は分厚い製品、大型の製品はデザイン上、あまり好まれない傾向があります。シリコンやゴムの製品は非常に種類が多いですが、製品種類によらず、よりスリムな形のものが消費者に好まれるようになってきました。スリムな製品は分厚い製品に比べると、原材料の消費量が少なく量産に適しているというメリットはありますが、その反面、成形が非常に難しいという問題があります。しかし、この問題はフッ素コーティング剤を含む優秀な離型剤を使うことで解決できます。
フッ素コーティング剤である物体をコーティングすると、その物体は、本来持っていない珍しい性質を持つようになります。それは、非粘着性と呼ばれる性質で、他のものが表面に粘着せず、するりと離れてしまうようになります。スリムな形状のシリコンやゴムの製品を成形する際、型作りに使う金型表面に離型剤を塗布すると、これと同じ現象が起こります。つまり、金型表面にゴムもシリコンも粘着せず、するりと離れてしまう。即ち、優れた離型効果が発揮されるのです。これは、壊れやすいスリムな形状の製品を作る際には、必要不可欠と言ってもいい効果です。スリムなものの他に、極細だったり、複雑な形状の製品を成形する場合も、離型剤のこうした効果が大いに役に立つでしょう。


綺麗な製品づくりには最適な離型剤が必須です!フッ素系の離型剤のことなら【株式会社フロロテクノロジー】にご相談ください!些細な技術的なことまで相談に乗ってくれますよ!

離型剤のお陰で完璧な形に出来るゴムチューブやパッキン

粘土をこねて、完璧な球形の物体を作るのは、非常に難しいです。シンプルな形のものほど、実は完璧に成形するのは困難なものです。しかし、完璧な成形なしには、製品として機能しえないものが数多くあります。ゴムのチューブやパッキンなどが、そのいい例と言えるでしょう。こうした製品は、手作業で完璧な成形をするのは不可能ですし、また、工業製品として量産する必要もあることから、成形には金型という型を使い…

初めてフッ素系離型剤を購入するならフッ素コート剤専門メーカーで

シリコンやプラスチック製品の成形のため、初めてフッ素系離型剤を購入する場合は、フッ素コート剤の専門メーカーに相談して購入するのがおすすめです。これまで、他の成分の離型剤の使用経験があっても、フッ素コーティング剤が成分の離型剤には、独特の製品ラインとそれぞれの製品の特徴に応じた最適な使い方があります。フッ素系離型剤は、離型効果だけではなく、他の様々な面でも優れた特徴を備えているものの、そのポテ…

精密な形のゴム・シリコン製品を作るのにフッ素系離型剤が最適

ゴムとシリコンはそれぞれ素材として特有の性質を持っていますが、様々な製品に使える応用の幅が広い素材という点は共通しています。それ自体独立した製品としても沢山のアイテムが製造されていますが、精密機器の部品として、かなり小さく複雑な形のものも多く生産されています。小さくて複雑な形のものは、成形作業の難易度が非常に高いです。パーツを組み合わせて作るならまだしも、ゴムやシリコンの場合は、基本…

モノづくりの現場に欠かせない離型剤とは

離型剤とは材料を型にはめて作る際に型から製品をスムーズに取り出すために用いられる薬剤です。普段生活をしている分には耳にする機会は少ない言葉ではありますが、モノづくりの現場では、この離型剤を用いる事で作業効率が高まるのはもちろん、製品の品質の向上にも繋がるため幅広く用いられています。実際にどの様なモノづくりの現場で用いられているかと言うと、食品やコンクリート、ゴム、プラスチック…

TOP